ジェットスター・ジャパンの特徴と上手な活用方法

最大規模の格安航空

ジェットスター・ジャパンは日本の格安航空会社(LCC)で、成田空港と関西国際空港を中心に国内11都市と海外4都市(香港・上海・マニラ・台北)を結んでいます。
格安航空会社にしては珍しく、高松・大分・宮崎などの地方空港にも就航しています。
バニラエアやピーチ航空はANAの子会社ですが、ジェットスター・ジャパンはオーストラリアのカンタス航空とJALの共同出資(それぞれ持ち株比率が33.3%)により設立されています。
PlusオプションまたはMaxオプションに加入している場合に限り、カンタス航空とJALのマイレージが加算されます。
一部の国内線はカンタス航空とJALのコードシェア便として運行される場合があります。
成田発の国内線については、ワンワールドに属するアメリカン航空ともコードシェアを実施しています。
ジェットスター・ジャパン格安航空会社ですが、株主であるJALとカンタス航空の日本国内便を補完する目的でも運行されています。
機材は180席のエアバスA320型機が使用され、日本国内の格安航空会社の中では最大の規模を誇ります。

最大規模の格安航空面倒な手続きがスマホで便利に!機内食をなしにする選択